メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四国見聞録

内子フレッシュパークからり 愛媛県内子町 地元農家の思い結集 国交省選定の「全国モデル道の駅」 /四国

国土交通省が全国で6カ所のみ選定する「全国モデル『道の駅』」の「内子フレッシュパークからり」運営会社社長の土居好弘さん=愛媛県内子町で、花澤葵撮影

もち麦やじゃばらで商品開発も

 ドライブ中にほっと一息ついたり、地元の特産物を買えたりする場所として、多くの人が利用する道の駅。愛媛県内子町の「内子フレッシュパークからり」は、全国に1100以上ある道の駅のうち、国土交通省が「地域活性化の拠点として特に優れている」として6カ所のみ選出している全国モデルの一つだ。全国から視察が絶えない「からり」の魅力を探りに訪れた。【花澤葵】

 松山市内から車で約40分。からりは1996年にオープンし、直売所やレストランのほか、パン工房やジェラート工房、くん製工房、加工場なども備える。オープン以降のレジ通過者は1000万人を超え、2016年度~18年度の3年間だけでも、道の駅や自治体の関係者など約1500人が視察に訪れた。

この記事は有料記事です。

残り716文字(全文1045文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  2. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  3. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  4. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  5. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです