メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国策の町

玄海原発との半世紀 「町長は真面目すぎる」 /佐賀

玄海町幹部と電話で話す岸本氏

 「家の庭にね、亡くなったおやじの石碑を建ててもらったんですよ」。前玄海町長の岸本英雄(66)は、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故から1年を迎えた2012年3月11日、自らの支援者が集う「11日会500回記念大会」が開かれたことについて聞くとこう答えた。

 それは03年11月に開かれた「400回記念祝賀会」のことではないかと指摘すると、「じゃあ500回記念は記憶にない」と話を打ち切った。

 前町長を訪ねたのは今年3月上旬。町役場近くで小さな看板を出す建設会社の事務所で、岸本は「今、副社長をさせてもらっていて、それからもう一つ(仕事を)やっているのでそこそこの収入はある。ここ(建設会社)が月30万ほどくれている」と明かした。

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文804文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

  5. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです