メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公示地価 熊本3年連続上昇 宮崎、鹿児島も下げ止まり /熊本

2019年9月に開業した「サクラマチ クマモト」

 18日発表された熊本、宮崎、鹿児島3県の2020年公示地価は熊本が3年連続で上昇した。宮崎、鹿児島は下落したが下げ止まり感も見られ、全体では改善傾向が続いた。【城島勇人、田崎春菜、松尾雅也】

 ■熊本

 住宅地や商業地など全用途の平均変動率は1・9%で3年連続の上昇。上昇幅も0・2ポイント拡大し熊本地震からの復興需要などを背景に地価上昇が続いた。

 住宅地は熊本市と市近郊が全体を引き上げ平均で1・1%上昇した。最も上昇率が高かったのは3年連続で熊本市中央区大江6の7・4%。熊本地震の被災地では熊本市に近い益城町寺迫が地震前の水準に回復した一方、主要アクセス道の復旧に時間がかかっている阿蘇市の小里地区は地震前の95%程度までにしか戻っていない。

この記事は有料記事です。

残り1323文字(全文1646文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  2. JRA栗東トレセンで厩舎3棟燃える 馬4頭取り残され、3人病院搬送 滋賀

  3. 愛知で新たに88人感染 名古屋市は50人

  4. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  5. 沖縄知事 国にコロナ水際対策強化要望 航空便搭乗前にPCR検査求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです