メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木のぬくもり伝える 名札ケースと定規、延岡産ヒノキPR品完成 /宮崎

延岡産ヒノキ製の名札ケースや定規を手にする家村理事長(右)と吉川さん

 林業が盛んな延岡市で産出されたヒノキを使った木の温かみがある名札ケースと、子供向けの可愛らしい定規がお目見えした。際立つ白さと香りの良さが特徴の延岡産ヒノキを生かし、林業団体が商品化へ向け試作品を作製した。取り組みを通し延岡産ヒノキのPR、ブランド化を図る。

 団体は林業活性化に取り組む市や関係団体でつくる延岡市資源循環型林業推進協議会。試作品は協議会に参画する協同組合延岡木工団地に加盟している家具製造販売会社のイエムラが担当した。

 名札ケースは縦8センチ、横10・5センチ。厚さ3ミリのヒノキを3枚張り合わせた構造で、名札を差し込めて上部にはストラップを通す穴も加工して首に掛けられるようにした。

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文585文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  2. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  3. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  4. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  5. 「首相、今井、佐伯で決めていたやり方がらっと変わる」 キャリア官僚の本音 菅政権で沈む省庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです