メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

保険会社のアフラックが日本で…

[PR]

 保険会社のアフラックが日本でがん保険普及を成功させたのは「マスク」のおかげだという。1970年の大阪万博で来日した当時の米国人社長が、町中でマスクをかけて歩いている人々を見て驚いたのだ▲みんな風邪よけのためにマスクをかけていると聞いた社長は、病気のリスクに対する日本人の敏感さを知ったという。ならば当時、すでに日本人の死因第2位となっていたがんの保険も成功するだろう――と日本進出を決めたそうだ▲日本など東アジアのマスク着用の習慣は、1世紀前のスペイン風邪で定着したらしい。新型コロナウイルスの感染拡大は、マスクが医療従事者や重病患者のものと思っていた他の地域の人々の間で「マスク文化」摩擦も起こしている▲このうち米国では、マスクをしたアジア系の人が暴行を受ける事件が相次いでいるという。マスクは感染者がするもので、健康な人の予防には効果的でないとの当局の呼びかけもあり、アジアの「マスク文化」が差別の標的となった▲一方、感染が急激に拡大する欧州ではマスク姿の人々が急増しているという。こちらは文化の東アジア化だが、こと保健当局は感染の疑われる人以外のマスク着用は推奨していない。やはり心配は医療機関などでのマスク不足である▲ウイルスは阻めなくとも、手指の顔への接触防止や、周囲への気遣いなどでなおマスクの需要の高まる日本だが、品薄は続く。まずは病院や高齢者施設に行き渡らせねばならない「マスク文化」の試練の時だ。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 04年政府文書「首相の任命拒否想定しない」 学術会議、現行の推薦方式導入時に

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  5. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです