メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外旧優生保護法は「違憲」 賠償請求は棄却 大阪地裁
一点張り・論説室から

隣国の手法は「ご参考」程度に=大貫智子

 またしても繰り広げられた日韓の小競り合いにため息が出た。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため日本が中韓両国からの入国制限を強化し、韓国が対抗措置をとった一件だ。

 韓国外務省が主張するように、査証(ビザ)は相互主義の原則があるため、日本が免除措置を一時停止した以上、韓国も相応の対応を取ることは理解できる。とはいえ、防疫体制について、「我々は透明性があるが日本は不透明」と声高に訴えたのは余計だった。

 「日本は隣の国なので(入国制限は)残念ということだ。愛している人に裏切られた時ほど衝撃は大きいものでしょう」。対抗措置を発表した夜、韓国政府関係者は私にこう説明した。

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文900文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  2. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  3. 米次期広報幹部、全て女性に 大統領報道官にサキ氏 政権移行チーム

  4. ヤマハvsNTT東日本 第9日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗

  5. 合言葉は「伝説を作ろう」 ”四国勢”で勝ち取った8強 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです