メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

貧困・高齢化に挑む釜ケ崎=白波瀬達也・桃山学院大准教授(社会学)

 ここのところ、関西では大阪市西成区の「あいりん地域」(通称、釜ケ崎)に関する報道が活発だ。東京・山谷などと並ぶ日雇い労働者の街として一般に認識されてきたが、近年は、関西国際空港や関西の主要観光地にアクセス容易な地の利と、手ごろな料金のホテルの集積が評価されている。国内外からの訪問客増など変化の兆しははっきり表れている。

 あいりん地域は、高度経済成長期以降、建設業に従事する単身男性が急増し、2万人以上を数えた。バブル崩壊後は、長期不況でホームレス問題が深刻化した。その後、脱ホームレス化に向けた支援が進み、近年は生活保護受給者が多い。社会福祉制度に包摂される人が増えたこと自体は好ましいが、生活保護受給率と高齢化率は約40%と高く、地域の持続可能性が危ぶまれてきた。

この記事は有料記事です。

残り967文字(全文1302文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです