メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論プラス

置き去りの普天間返還 無責任の連鎖脱却を 見えない「人」と「戦略」=論説委員・平田崇浩

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の返還に日米両政府が合意して24年になる。これまで返還が実現しなかった原因を考えると、自らの責任で実現を図る「人」の不在と、日米の役割分担を見直す中で沖縄の基地負担軽減を考える「戦略」の欠如に突き当たる。置き去りにされてきたのが、耐え難い騒音と事件・事故の危険にさらされる宜野湾市民だということを忘れてはならない。

 普天間飛行場はアジア太平洋地域に展開する米海兵隊の輸送拠点だ。米側は代替施設を求め、政府は沖縄本島北部の名護市辺野古沿岸を埋め立てる移設計画を立てたが、県側が強く反対している。

 この四半世紀を振り返って、移設の実現可能性が感じられた時期があったとすれば、1996年の返還合意から数年間だろう。

この記事は有料記事です。

残り2042文字(全文2364文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 京都市がホテル新規開業「お断り宣言」 オーバーツーリズム

  2. 東大大学院特任准教授が中国人差別ツイート 大学謝罪、企業は寄付停止表明も本人は反論

  3. 「いちごさん」親苗盗まれる 佐賀県の新ブランドイチゴ

  4. 大阪女児誘拐 容疑者は「せつじろう」 ハンドルネームでやりとり

  5. 野党のシュレッダー視察を内閣府拒否 「官房長の判断でだめと決まった」と押し切る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです