特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 学校給食45億円損失 パン、米飯業者

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの感染拡大による小中学校などの臨時休校の影響で、学校給食のパンと米飯を製造している全国の加工業者の損失が3月だけで約45億円に上るとの推計を、業界団体の全日本パン協同組合連合会(全パン連)がまとめた。全パン連は「地域の製パン業者は資金繰りに行き詰まり、倒産など死活問題に直面している」として支援を訴えている。

 全パン連は都道府県の学校給食会から、パンの加工や炊飯を委託された小規模のパン販売店や炊飯業者を中心に組織している。全パン連によると、パンと米飯1食分を加工するのに人件費や光熱費など平均30・4円のコストがかかり、全国の学校で1日に出される給食は約995万食に上るため、臨時休校となった3週間分で損失が45億円に上るという。

この記事は有料記事です。

残り138文字(全文464文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集