メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「特別支援学校もインクルーシブ」 小学校への通学認めず 横浜地裁判決

「日本のインクルーシブ教育にとって大きな痛手になった」と強い悔しさをにじませる大谷弁護士(前列中央)と弁護団のメンバー、支援者ら=横浜市中区で2020年3月18日

 障害を理由に本人や家族の意向に反して就学先を特別支援学校に指定したのは違法として、川崎市に住む光菅(こうすげ)和希(かずき)さん(8)と両親が川崎市と神奈川県に対し、市立小学校への就学を求めた訴訟の判決が18日、横浜地裁であった。河村浩裁判長は、市、県各教委の判断は障害者への不合理な差別であるとまではいえないなどとして、請求を棄却した。

 訴状などによると、光菅さんは難病の先天性ミオパチーで人工呼吸器を装着している。2018年4月の就学にあたり、地元の川崎市立小を希望したが、川崎市教委は希望に応じず、県教委も県立特別支援学校に就学するように通知した。

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文673文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  5. 北九州市、無症状の濃厚接触者にもPCR検査 感染確認急増に影響か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです