メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

前田和男=「続・全共闘白書」を編集した

前田和男さん

 1960年代末、東京大安田講堂占拠を筆頭に、全国の大学などに広がった全学共闘会議(全共闘)運動。その参加者に2018年末から協力を求めたアンケートの回答を収めた「続・全共闘白書」(情況出版)を編集した。「あれから半世紀。私たちの今を示したかった」と語る。

 自身も東大(65年入学)で全共闘に関わった。一時は過激派にも入った。卒業はしたが10年かかった。その後は左派系出版社やバーなどの職を転々として「『人民の海』を泳いできた」と笑う。今は、編集プロダクションを経営する。

 94年に同様のアンケート集「全共闘白書」(新潮社)を出した。「私たちが集まれば、また何かできるんじゃないかと思った」と振り返る。実際に、回答者らから数人の地方議員が生まれた。

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文678文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「発禁処分までほんのひとまたぎ」 作家・村山由佳さんが語る言論の今と伊藤野枝

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. ORICON NEWS 白石麻衣、「唯一の同い年」松村沙友理の手紙に涙[手紙全文]

  4. 元慰安婦の韓国女性が来日 「『強制でない』は耐えられない」

  5. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです