メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

量子コンピューター研究のいま/下 スパコンしのぐ「量子超越性」

 量子コンピューターを開発できれば、従来のスーパーコンピューターでは解けない複雑な問題も解けるようになると期待される。この「量子超越性」という概念を米グーグルなどが初めて達成したと2019年に発表し、注目された。研究はどこまで進んでいるのか。【信田真由美】

 ●基礎技術、日本で開発

 量子コンピューターが実現すれば、まず急速に進むと考えられているのが創薬だ。分子の動きを量子でシミュレーションできるため、薬の候補物質作製に必要な化学反応を予測できるようになる。

 製造業の効率化により環境への負荷を減らせる期待もある。例えば肥料の原料のアンモニア製造には、高温高圧処理によって窒素と水素を化学反応で定着させる工程がある。より低温低圧で反応を起こせる方法が量子コンピューターで見つかれば、エネルギー消費の削減につながる。

この記事は有料記事です。

残り1428文字(全文1785文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  4. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  5. 厚労省支援金、AVはOKでもストリッパーはNG? 女優「みんながもらえるようにして」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです