特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ「中国で発生は明らか」 では、呼び名は? 菅官房長官会見詳報

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
首相官邸に入る菅義偉官房長官(左端)=2020年3月19日、川田雅浩撮影
首相官邸に入る菅義偉官房長官(左端)=2020年3月19日、川田雅浩撮影

 新型コロナウイルス感染症などについて、19日午後の菅義偉官房長官の記者会見で質疑があった。菅氏は、トランプ米大統領が「中国ウイルス」と呼び、中国が反発していることに関連し「ウイルスが中国で発生したことは明らかだと認識しているが、米中間のやりとりにコメントする立場ではない。世界保健機関(WHO)で『COVID-19』という呼称が使われているが、政府としては従前より新型コロナウイルス感染症と呼称している」と説明した。また、日本の検査数が他国より少ないとの指摘に対して「適切な実態把握を行っている」と強調した。主なやりとりは以下の通り。【秋山信一】

 ◆天皇、皇后両陛下の英国ご訪問について申し上げます。英国女王陛下からご招請を受けていた両陛下の英国ご訪問について、今年の第2四半期を目途にご訪問いただく方向で所要の調整を行ってきたところでありますが、国際社会における新型コロナウイルスの感染拡大の状況を踏まえ、ご訪問の時期を英国政府と協議しながら改めて調整することといたしました。

 --再調整する時期の目途は。

 ◆今後、英国側と改めて調整をしていきます。国際社会における新型コロナウイルスの感染拡大の状況を踏まえて、両国の間で協議する中で、双方でご訪問の時期を改めて調整をすることが適当であると判断をしたということであります。

 --即位後初となる外国訪問が英国になるという調整は変わらないということですか。

 ◆そこについては変わりません。

 --新型コロナウイルスの感染の有無を調べるPCR検査を巡り、韓国はドライブスルー方式を積極採用し、イタリアは当初、感染疑い者全員を対象とするなど各国で対応が分かれています。この分析と検査対象を絞っている日本の対応は適切と考えるのか、見解をお願いします。

 ◆感染の状況などは各国によって異なることもあり、各国の検査の実施方法についてコメントすることは控えたいと思います。その上で…

この記事は有料記事です。

残り2696文字(全文3504文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集