メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ダウ急反落、1338ドル安 3年ぶり2万ドル割れ 景気悪化不安が再燃

ニューヨーク証券取引所のあるウォール街=AP

 18日のニューヨーク株式市場は、新型コロナウイルス感染に伴う景気悪化不安が再燃し、大幅反落した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日比1338.46ドル(6.3%)安の1万9898.92ドルで取引を終えた。終値としては2017年2月2日以来、約3年2カ月ぶりに2万ドル台の大台を割り込んだ。

 ダウ平均は取引開始直後から1600ドル…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文420文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅語を考える 国語学者・金田一秀穂さんが読む首相の「姑息な言葉」 すり替えと浅薄、政策にも

  2. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  3. はやぶさ2カプセルを回収 地球帰還、豪砂漠に着地 JAXA発表

  4. はやぶさ2、カプセル地球帰還 大気圏突入、豪に着地 JAXA回収へ

  5. はやぶさ2が地球に持ち帰る「お宝」 回収のシナリオとは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです