メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首相「終息に全力、その先はV字回復」 4月の経済対策へ集中ヒアリング 新型コロナ

新型コロナウイルス感染症の実体経済への影響に関する集中ヒアリングであいさつする安倍晋三首相(右列中央)=首相官邸で2020年3月19日午後5時45分、川田雅浩撮影

 政府は19日、新型コロナウイルス感染拡大を受けた追加経済対策の策定に向け、影響が大きい業界や企業、個人から状況や要望を聞く集中ヒアリングを始めた。実体経済の現状を把握し、4月にまとめる経済対策に反映させる。

 冒頭で安倍晋三首相は「感染拡大の終息に全力を尽くしているが、その先には日本経済がV字回復できるよう思い切った経済政策を進めていきたい」と述べた。

 ヒアリングは今週末も含め7回にわたって行う予定で、打撃の大きい観光や飲食業などの関係者のほか、中小企業経営者、個人事業主ら数十人から聞き取りを行う。

この記事は有料記事です。

残り498文字(全文750文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  3. 最速154キロでも公式戦出られず 異例の「準硬式」投手にスカウト注目

  4. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  5. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです