特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

住民側が雇用促進住宅から立ち退きへ 山形地裁で和解 原発事故で米沢へ自主避難

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
裁判所=ゲッティ
裁判所=ゲッティ

 東京電力福島第1原発事故で山形県米沢市内の雇用促進住宅に自主避難した8世帯に対し、独立行政法人「高齢・障害・求職者雇用支援機構」(千葉市)が明け渡しなどを求めた訴訟は18日、山形地裁(貝原信之裁判長)で和解が成立した。和解を公表した住民側の弁護団によると、提訴後に2世帯が退去し、現在入居中の6世帯が住宅から立ち退く内容。【日高七海】

 提訴は2017年9月25日付。機構側が陳述した訴状などによると、国・福島県による住宅の無償提供制度は同年3月末で終了し、4月以降も住民側が住み続けるには新たな契約が必要だったが、8世帯は賃料支払いに応じなかった。機構側は「500人を超える避難者は契約に応じており、8世帯の行為は容認できない」として、明け渡しと4月以降の賃料支払いを求めた。

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文596文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集