メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野田女児虐待死 父親に懲役16年の実刑判決 千葉地裁

千葉地方裁判所=千葉市中央区で2020年2月、秋丸生帆撮影

[PR]

 千葉県野田市で2019年1月に小学4年の栗原心愛(みあ)さん(当時10歳)を虐待して死亡させたとして、傷害致死など六つの罪に問われた父勇一郎被告(42)に対する裁判員裁判で、千葉地裁(前田巌裁判長)は19日、懲役16年(求刑・同18年)の実刑判決を言い渡した。

 検察側は今回の事件を、これまでの虐待による傷害致死、保護責任者遺棄致死事件に比べて虐待期間が長く、内容も陰湿で残酷として「従来の量刑傾向を大幅に超える比類なき重い事案だ」と悪質性を強調。さらに、虐待を認めて謝罪しながら女児の言動が虐待の発端になったとする被告の主張を「この期に及んで女児に責任を押しつける態度に開いた口が塞がらない。反省の態度はみじんも感じられず、いまだに女児を虐待している」と厳しく非難していた。

 

 被告側は17年11月の女児への暴行罪を除いては「罪は争わない」としながらも、具体的な暴力行為をほぼ否認して検察側の主張と対立していた。女児を立たせたり、屈伸させたりした一連の虐待行為を認めつつも「しつけの範囲を超えて虐待に至ってしまった」と説明。「自ら立ったり、屈伸したりした」などと女児の言動が発端だったとも主張していた。

 19年1月の女児の母親への暴行罪については母親が法廷で「(女児の)命が危ないと思って『もうやめて、虐待だよ』と言うと(被告が)私を床に押し倒した」などと証言した。これに対して被告は、女児を蹴る母親を止めるために馬乗りになって平手でたたいた、と異なる主張をしていた。

 起訴状によると、被告は19年1月22~24日、女児に食事を与えず、浴室に放置するなどして十分な睡眠を取らせず、冷水を浴びせるなどの暴行を加え、女児を死亡させたとしている。17年11月~19年1月には、女児の頭を殴ったり、顔や胸を圧迫するなどして約1カ月のけがをさせたりした。また、女児の母親(33)=傷害ほう助罪で懲役2年6月、保護観察付き執行猶予5年の判決が確定=に対しても顔を殴り太ももを蹴る暴行を加えたとされる。

【加藤昌平、町野幸】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです