メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

注目裁判・話題の会見

野田女児虐待死 勇一郎被告はどのような父、夫だったのか 裁判で見えた姿

栗原勇一郎被告の判決公判で傍聴券を求めて並ぶ人たち=千葉地裁前で19日午前

 虐待を認めながら死につながる暴力行為を否定し続けた栗原勇一郎被告(42)はどんな父親であり、夫であったのか。公判中の被告の様子や妻(33)や母親らの証言を振り返る。

 髪を短く切った被告は結審まで10回の公判に、黒のスーツに青いネクタイという同じいでたちで登場した。入廷、退廷の度に裁判官や検察官、傍聴席に向かって数秒間深々と頭を下げ、質問には丁寧な口調で答えた。

 検察官による起訴状朗読や冒頭陳述、妻や妻の母親が話す間、被告はほとんど表情を変えなかった。一方で被告の母親が証言した際は、時折表情を大きく崩した。「真実を話して」と母親が求めると、下を向いて顔を真っ赤にしていた。

この記事は有料記事です。

残り1398文字(全文1687文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

  2. 東京で新たに13人感染確認 検体数少なく件数下がる 新型コロナ

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

  5. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです