肉球に毛 砂漠の天使「スナネコ」国内初公開 神戸どうぶつ王国で20日から

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「砂漠の天使」との異名を持つネコ科の動物「スナネコ」が、神戸どうぶつ王国(神戸市中央区)で20日から公開される。アフリカや中東の砂漠にすみ、熱い砂から身を守るため、肉球が毛に覆われている。同じ日にお披露目する姉妹園の那須どうぶつ王国(栃木県那須町)とともに、国内初の飼育例となる。

 スナネコは体長40~60センチ、体重2~3キロでネコ科では世界最小級。アフリカ北部から中央アジアにかけて生息し、毛は黄土色で砂漠にも溶け込みやすい。

 神戸どうぶつ王国のスナネコは、ムスタ(雄)とバリー(雌)の2匹。アラビア語で「未来の」という意味の「ムスタクバリー」から名付けた。2匹とも推定で1歳という。臆病で警戒心が強い性格だが、朝や夕方には動く様子もみられるという。餌は鶏肉や馬肉、ネズミなどを食べる。繁殖も目指しており、飼育員の馬場瑞季さんは「国内の飼育例がなく、手探り状態が続く」と話す。

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文687文字)

あわせて読みたい

注目の特集