メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地下鉄サリンで重い障害 寝たきりの闘病続けた浅川さん死去 56歳

地下鉄サリン事件で被害に遭った浅川幸子さん(右)=1996年1月1日(家族提供)

 オウム真理教による地下鉄サリン事件の被害者で、寝たきりの闘病生活を続けてきた浅川幸子さんが10日、56歳で亡くなった。死因はサリン中毒による低酸素脳症。19日に記者会見で明らかにした兄一雄さん(60)は「これからは頑張らなくていい。さっちゃん、ゆっくり休もう」と語りかけたといい、声を詰まらせた。事件は20日、発生から25年を迎える。

中野坂上駅でサリン、重い後遺症

 1995年3月20日朝、幸子さんは普段とは異なる職場に向かうために丸ノ内線に乗り、事件に遭遇した。中野坂上駅でサリンを吸い込み、心肺停止状態で搬送された。

 勤務先から駆け付けた一雄さんは病院で、人工呼吸器につながれ土気色の顔をした幸子さんと対面した。耳元で「お兄ちゃんが来たから大丈夫」と声をかけたが返事はなかった。後遺症は重く、医師から「生きていることが奇跡」と言われた。リハビリにも取り組んだが、重い言語障害が残り、視力も失った。

事件前日、おいっ子にランドセルをプレゼント

 家族思いの優しい妹だった。早く手に職をつけたい…

この記事は有料記事です。

残り609文字(全文1055文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まるでエヴァ? 「緊急事態宣言、発出中」福岡県製作の動画が話題

  2. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. ワクチン接種の新システム、国は個人情報扱わない方針 自治体などが情報登録

  5. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです