メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

従来の量刑上回った父への判決 野田女児虐待死事件の「際立った特質」とは 

判決公判に出廷した栗原勇一郎被告(イラストと構成・勝山展年)

 千葉県野田市で2019年1月に小学4年の栗原心愛(みあ)さん(当時10歳)を虐待して死亡させたとして、千葉地裁(前田巌裁判長)で19日あった、傷害致死など六つの罪に問われた父勇一郎被告(42)に対する裁判員裁判。懲役16年(求刑・同18年)を言い渡した判決は、今回の事件を過去の量刑傾向を大きく超える極めて悪質な事案に当たるとし「死者1人の傷害致死罪の最も重い部類と位置付けられるべきだ」と指弾した。虐待が長期に及び、女児を徹底的に支配して追い詰めたことや虐待の陰惨さなどを「際立った特質」と表現して量刑の判断材料とした。

 最近では東京都目黒区で2018年に船戸結愛(ゆあ)ちゃん(当時5歳)が死亡した事件で保護責任者遺棄致死罪などに問われた父親に懲役13年を言い渡した判決があり、従来の量刑傾向のほぼ上限とみられていたが、これを上回る結果となった。

 虐待関連の刑事裁判に詳しい信州大の三枝有教授(刑事法)は00年代以降、虐待問題…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文794文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スーパーのカゴ、金網まで…BBQごみ「いたちごっこ」 禁止でも放置やまず

  2. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  3. 「60」は首相の推薦者 桜を見る会、招待者名簿を初開示 06年開催

  4. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  5. 中学生の胸を触った疑い ジャンプ連載「アクタージュ」自称原作者を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです