メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2がリュウグウに作った人工クレーターは14.5メートルの半円形 JAXAなど発表

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)と神戸大などは20日、探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウに作った人工クレーターについて、直径14・5メートルの半円形だったと米科学誌サイエンス(電子版)に発表した。クレーターのできやすさから、リュウグウの表面の地形は数百万年前~数千万年前に形成されたと推定された。

 太陽系46億年の歴史の中では比較的最近で、かなり若い星の可能性があるという。

この記事は有料記事です。

残り448文字(全文638文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ交付金で宇宙展示、トイレ改修、鐘… 佐賀県知事に議会で疑問噴出

  2. パシフィコなどでの大規模イベント誘致へ コロナ対策徹底、助成に応募多数 横浜

  3. 山形市の「初市」 位置情報使い、来場者常時5000人に制限 LINEで通知も

  4. クローズアップ GoToトラベル自粛要請 政府と都、急転決着 押しつけ合いの末

  5. 新型コロナ 全国最多4990人、届かぬ支援 自宅療養、不安だらけ 単身者の食事、買い出し行くしか…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです