メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

聖火引き継ぎ役 急きょ抜てきで「え?」 元競泳代表・井本直歩子さん「日本で輝いて」

東京オリンピックの聖火引き継ぎ式でギリシャ・オリンピック委員会のカプラロス会長(左)から聖火を受け取る元競泳五輪代表の井本直歩子さん=アテネ・パナシナイコ競技場で2020年3月19日午前(代表撮影)

 新型コロナウイルス感染拡大で規模を縮小してアテネで実施された19日の五輪聖火引き継ぎ式で、急きょ日本側代表に抜てきされた元競泳オリンピック代表の井本直歩子(なおこ)さん(43)=アテネ在住=が聖火を無事引き渡した。「まさか」の依頼に驚きながらも晴れやかな笑顔で役目を務め、「緊張したが、火がともった時はさわやかで、すがすがしい気持ちだった」と語った。

この記事は有料記事です。

残り581文字(全文757文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

  2. 東京で新たに13人感染確認 検体数少なく件数下がる 新型コロナ

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

  5. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです