メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

不滅の光、ベートーベン

 

 「第九」(交響曲第9番)など数々の傑作をものした「楽聖」ベートーベン。失聴という過酷な運命に打ち勝った、立志伝中の人物でもある。今年はその生誕から、ちょうど250年。そして26日は193回目の命日だ。彼の曲はなぜ、不滅の輝きを放つのか。そもそもベートーベンとは何者なのか。芸術家、医師らが魅力を探る。

この記事は有料記事です。

残り4469文字(全文4620文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです