メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁

第75期本因坊戦挑戦者決定リーグ 許家元八段-羽根直樹碁聖 第20局の1

 リーグ表を見てのとおり、芝野虎丸名人と一力遼八段が4勝1敗で首位を並走している。これに本局の勝者が加わることになる。思い起こせば昨年の今ごろも混戦模様で結局は3者プレーオフになった。今年もすんなりとはいかないだろう。

 両者の対戦成績は羽根直樹碁聖4勝、許家元八段6勝である。昨年、羽根が碁聖を奪取した星が光っている。

 黒5、白6と小目にカカり合ったとき、カケられたくない派の許はすぐに黒7とコスむ。対照的に羽根はカケられるのを苦にしない。

この記事は有料記事です。

残り218文字(全文438文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 米総領事館、香港の活動家4人の政治亡命を拒絶 米中対立を避ける思惑か

  3. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 持続化給付金詐取容疑、全国で55人逮捕 SNSで若者勧誘も 返還相談2000件超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです