メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2のクレーター、米誌で発表 リュウグウに半円14.5メートル

はやぶさ2が作った半円形の人工クレーター(点線部分)=宇宙航空研究開発機構、東京大など提供

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)と神戸大などは20日、探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウに作った人工クレーターについて、直径14・5メートルの半円形だったと米科学誌サイエンス(電子版)に発表した。クレーターのできやすさから、リュウグウの表面の地形は数百万年前~数千万年前に形成されたと推定された。太陽系の歴史の中では比較的最近で、若い星の可能性があるという。

 はやぶさ2は2019年4月、リュウグウに銅の塊を高速で衝突させ、人工クレーターを作った。着弾地点付近に大きな岩があり、一方向に片寄ってクレーターが作られたため半円形になった。深さは最大2・3メートル。

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文555文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです