メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セカンドステージ

阿川佐和子さんに聞く/上 老人初心者、過去に執着せず

「老人初心者の心得」についてインタビューに答える阿川佐和子さん=東京都千代田区で2020年2月25日、宮本明登撮影

 <くらしナビ ライフスタイル Second Stage>

 2025年、65歳以上の人口は国民の3分の1に達する。体力の低下、介護、人間関係の変化とどう向き合ったらいいのか。認知症の母の介護を続け、最近「高齢者」の仲間入りをした阿川佐和子さん(66)に、「老人初心者」の心得を聞いた。

 ●「あれ、私のこと?」

 ――まずは、「高齢者」と呼ばれるようになった感想を。

この記事は有料記事です。

残り1435文字(全文1616文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センバツ21世紀枠候補・知内 過疎の町の宝が掲げる「全員が脇役、全員が主役」

  2. センバツ21世紀枠 候補校紹介/1 知内(北海道) 「聖地」再訪へ、打撃強化

  3. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  4. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  5. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです