メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

静寂の土俵

場内販売、大損害

エディオンアリーナ大阪の入り口にのぼり旗さえ設置されておらず、相撲案内所の関係者も出入りは禁止されている=平川義之撮影

 大相撲春場所で初めて無観客で本場所が行われている中、15日から日本相撲協会による入場券の払い戻しが始まった。「相撲茶屋」と呼ばれる相撲案内所は今、払い戻しに入場券が必要とされるため、販売した券の回収に追われている。ほとんどの券は回収できる見込みだが、中には他人に譲られたケースもあり、全ての券を回収できるかどうかはわからない。

 普段なら会場のエディオンアリーナ大阪の正面入り口から続く通路の両脇には仮設の相撲案内所が並び、裁着袴(たっつけばかま)の出方が客の接待でせわしなく会場内を動き回る。だが、無観客開催の今場所は案内所の関係者も立ち入りを禁止され、大阪相撲案内所組合(加盟8社)の真喜代司組合長(71)は「いつもと違う雰囲気に力士もモチベーションを保つのが大変だと思う。私たちも今回は何もできないから」と嘆いた。

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文850文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 5~7月の妊娠届11%減 コロナで出生数大幅減へ 厚労省発表

  5. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです