メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米カリフォルニア州に外出禁止令 州全体、全米で初 期間は未定

米国国旗の星条旗=2018年1月、高本耕太撮影

[PR]

 米西部カリフォルニア州のニューサム知事は19日(日本時間20日)、新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため、全米初となる州全体への外出禁止令を出した。19日夜から食料の買い出しや通院など必要不可欠な場合を除き自宅待機を義務づける。期間は設定されていない。日本人も多く住む同州の人口は全米最多の約4000万人で、経済などに大きな影響が出るとみられる。

 ニューサム知事は18日にトランプ大統領へ書簡を送り、州内の感染者が現状のペースで増え続けた場合、今後8週間で約2550万人に達する恐れがあると推計し、海軍が管理する「病院船」のロサンゼルス港への派遣を要請していた。

 米紙ロサンゼルス・タイムズによると、同州の感染者数は全米で3番目に多い958人で、死者は19人。【ロサンゼルス福永方人】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. 「におい、味全くしない」感染の入院患者証言 対応看護師減り「病院余裕ない」

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  5. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです