メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京オリンピック 2021年7月23日開幕に決定

カード詐取容疑で少年逮捕 ICチップ避け、被害者の前で切り信用させる

切り込みを入れる場所を説明する図解=大阪府警提供

[PR]

 キャッシュカードにはさみで切れ目を入れ、使えなくなったように見せかけてだまし取ったとして、大阪府警は19日、府内の無職少年(19)を詐欺の疑いで逮捕したと発表した。府内では2019年秋から同様の被害が確認されており、府警が注意を呼び掛けている。

 逮捕容疑は18日午後、阪南市の70代夫妻宅に警察官を装い「カードが不正使用されている。証拠品として裁判所に提出する必要がある」とうその電話をかけ、キャッシュカード4枚を詐取したとされる。

 府警によると、受け取りに来た少年が「悪用されないよう切れ目を入れる」と妻の前でカードの一部をはさみで切り、そのまま持ち去ったという。

 少年のスマートフォンからは、「切る場所を間違えると使えなくなる」とICチップや口座番号の打刻などを避けて切るよう指示する図解や、「利用停止の作業を行います」というセリフが書かれたマニュアルが見つかった。【藤河匠、加藤栄】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

  2. 東京で新たに13人感染確認 検体数少なく件数下がる 新型コロナ

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

  5. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです