特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナに乗じた特殊詐欺次々 ニセ販売や身に覚えない注文 警察が注意呼び掛け

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
消費者に届いた架空請求のメール=北海道立消費生活センター提供
消費者に届いた架空請求のメール=北海道立消費生活センター提供

 新型コロナウイルスの感染拡大に乗じ、特殊詐欺を思わせる電話や不審なメールが相次いでいる。新たな口実として新型コロナウイルスが利用されており、警察など関係機関が注意を呼びかけている。

 新型コロナウイルス関連の詐欺被害が10日に初めて確認された北海道。マスクの販売を偽装するメールが釧路市の40代男性に届き、クレジットカードの情報などを盗まれて約16万円の被害にあった。道警捜査2課によると、道内各地で続く感染拡大の不安をあおるような電話などが増加しており、19日までに10件以上の相談が札幌北署などにあった。

 函館中央署は17日、特殊詐欺をにおわす電話に関する相談を3件受けた。同市に住む60代女性は、警察官を名乗る男から新型コロナウイルス関連の詐欺被害を防止するため、「無料の録音機を設置しないか」などという勧誘や家族構成などを尋ねられた。不審に思った女性が「警察ですよね?」と男に確認すると電話が切れた。

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文828文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集