メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遊園地や科学館、待望の再開 春休み、親子に笑み 「リフレッシュできる」

アトラクションを楽しむ親子=山形県上山市のリナワールドで2020年3月20日午前11時11分、的野暁撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大が収まらない中、山形県内では20日、春休みに入った子供たちが遊園地「リナワールド」(上山市金瓶)や県産業科学館(山形市城南町1)で休日を楽しんだ。両施設とも、感染拡大の影響を受け、営業開始時期の延期や臨時休館の措置を講じていた。

 リナワールドは、今季の営業を予定より約1週間遅らせ、この日オープン。入り口に体調をチェックするブースを設置したほか、アルコール消毒液や体温計を用意した。従業員はマスクを着用して業務に当たった。また、換気が難しい屋内アトラクションについては、休止した…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スーパーのカゴ、金網まで…BBQごみ「いたちごっこ」 禁止でも放置やまず

  2. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  3. 「60」は首相の推薦者 桜を見る会、招待者名簿を初開示 06年開催

  4. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  5. 中学生の胸を触った疑い ジャンプ連載「アクタージュ」自称原作者を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです