メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国内感染1724人、死者43人 大分で院内感染か 新型コロナ

看護師ら2人の新型コロナウイルス感染が確認された大分医療センター=大分市横田の国立病院機構大分医療センターで2020年3月20日午後6時8分、河慧琳撮影

 新型コロナウイルスによる国内の感染者は20日、新たに54人が確認され、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客乗員と合わせて計1724人となった。クルーズ船を含めた死者は3人増えて43人となった。

 死亡したのは名古屋市の高齢男性と東京都内の70代の男性、クルーズ船の乗客だった70代のカナダ人男性の3人。愛知県の死者数は全国最多の16人。

 大分県は、国立病院機構大分医療センター(大分市)に勤務する20~30代の医師ら4人と80代の入院患者1人の計5人が感染したと発表した。同センターは19日に感染が確認された60代夫婦の入院歴があり、県は「院内感染とクラスター(感染者集団)発生の可能性がある」としている。

 兵庫県では新たに8人の感染が判明したが、このうち5人は既に感染者や死者が出ている伊丹市の介護老人保健施設「グリーンアルス伊丹」の利用者と同居者だった。

 海外からの入国…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文646文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 19日開幕に影響懸念

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. ポストコロナの世界 「人生は富を築くだけのものなのか」 “世界一貧しい”元大統領がコロナ禍で問う価値観

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです