特集

Gender×JAPAN

東京五輪を前に次々と明らかになった日本の深刻なジェンダーギャップ。意識のアップデートのために何が必要?

特集一覧

声をつないで

家庭を顧みず長時間働くことは男らしさですか? すり込まれた男が作り出す差別

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「性別が生き方に影響を与えていることに男性も気づいてほしい」と話す田中俊之・大正大准教授=田中俊之さん提供
「性別が生き方に影響を与えていることに男性も気づいてほしい」と話す田中俊之・大正大准教授=田中俊之さん提供

 世界経済フォーラムが発表した2019年のジェンダーギャップ指数で日本は153カ国中121位と過去最低を記録し、特に政治や経済分野での女性の進出が遅れていることが指摘されている。意思決定層の多数を男性が占める現状をどこから変えていけばいいのか。男性たちが抱える「男らしさ」へのこだわりから社会や文化をひもとく「男性学」の専門家、田中俊之・大正大准教授に、男性の意識改革を阻む要因を聞いた。【塩田彩/統合デジタル取材センター】

ジェンダーギャップ、男性の「当事者意識」が薄いことが問題

 --世界経済フォーラムが昨年末に発表したジェンダーギャップ指数で、日本は153カ国中121位と過去最低となりました。この数字をどう受け止めていますか。

 ◆この数字に対しての男性の「当事者意識」が非常に薄いことが問題だと思います。政治や経済の分野で女性が差別されていると言われても、自分には関係のないことだと思ってしまう。あるいは少し関心のある男性でも、女性が気の毒だから引き上げてあげようという意識でいる。男性にとって自分の問題ではないんです。

 でも、女性が政治や経済の場から排除され、生き方が限定されている限り、男性も限定された生き方からは抜け出られません。人事権を握ったり女性登用を進めたりする意思決定層に圧倒的に男性が多い現状で、これが自分の問題だと考える男性が増えなければ、不平等な現状を解決するにはほど遠いと思います。

 --男性も生き方が限定されているというのは、例えばどのような点ですか。

 ◆大学のオープンキャンパスで高校生と話をする機会があるのですが、そのときに「何歳まで働こうと思っているの?」と聞くと、特に男子高校生は皆、質問の意味が分からずきょとんとするんです。新卒で就職し、フルタイムで会社に勤め、40~50年働き続ける。そういう生き方が自明のことだと思い込まされている。それ以外の選択肢があるの?という感じです。

 私が研究している男性学は、男性であるために抱える悩みや葛藤を扱う学問です。例えば、男性中心の過重労働の問題や、育児に積極的に関わりたいと思っても、職場や周囲の環境によってそれができない問題などです。これは、働きたいのに家事や育児負担が足かせとなって存分に働けないという女性の抱える課題と裏表の問題です。

 女性は、自らの性別によって生き方がある程度固定されている、あるいは性別によって「こうあるべきだ」という社会的圧力を受けていることを理解しています。でも、男性は…

この記事は有料記事です。

残り1827文字(全文2868文字)

【Gender×JAPAN】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集