メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊テレビ評

北大路欣也の新作時代劇 家族や友、ご隠居ライフの滋味=ペリー荻野

 先日、北大路欣也主演の時代劇シリーズの新作が2本、続けて放送された。

 1本は、13日放送の「剣客商売 婚礼の夜」(フジテレビ系)。剣の達人、秋山小兵衛(北大路)が、道場を息子の大治郎(高橋光臣)に譲り、年の離れた女房おはる(貫地谷しほり)と隠宅で悠々自適に暮らしながら、事件に向き合う。今回は、大治郎の親友が凶悪な浪人たちに狙われていると知った小兵衛が、調べを進める。

 もう1本は、14日放送の「三屋清左衛門残日録 新たなしあわせ」(時代劇専門チャンネル)。東北の小藩で家督を息子又四郎(松田悟志)に譲った清左衛門(北大路)が、藩内の難題を人生のベテランならではのやり方で収めていく。この回は、先代藩主の側室おうめが父親の分からぬ子を身ごもったと聞いたり、娘奈津(美村里江)の夫の不穏な行動が気になったり、又四郎の果たし合いの裏側に不正を見つけたりと、次々大問題が起こ…

この記事は有料記事です。

残り677文字(全文1062文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北九州市長の「第2波の渦中」発言に菅氏「感染経路追えている」 官房長官会見詳報

  2. 「くまモンマスク」ほしいモン 知事会見で熱視線 製造企業続々、柄も豊富

  3. 「第2波の渦中」北九州市長が危機感 「この2週間が正念場」と協力要請

  4. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  5. 黒川氏辞職受け、森法相が訓示 「人ごとと捉えず、立場の自覚を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです