メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写scene

音でつなごう 人を、街を 奈良

JR京終駅に置かれたピアノ。通りすがりの人が思い思いに弾き、居合わせた人がその音色を楽しんでいた=奈良市で2020年2月27日、山田尚弘撮影

 レールの継ぎ目を走る電車のリズムのように「ポロン、ポロン」というピアノの音が待合室に響く。JR桜井線京終(きょうばて)駅(奈良市)に昨年5月、自由に弾ける「駅ピアノ」が置かれた。新型コロナウイルス対策として、傍らに消毒液を用意している。

 京終駅は観光客に人気の「ならまち地区」に近いが、利用者減で1…

この記事は有料記事です。

残り174文字(全文324文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  3. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. 北九州市、無症状の濃厚接触者にもPCR検査 感染確認急増に影響か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです