メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外サッカーJ1川崎が最速リーグV 2年ぶり3度目

新型コロナ 全国で21人内定取り消し 県内でも救済の動き /埼玉

 新型コロナウイルス感染拡大を理由とした就職内定の取り消しについて、厚生労働省は全国で13社21人の事例を確認している(18日現在)。県内ではまだ明らかになっていないが、県内企業の中でも学生を救済する動きが出始めた。

 厚労省が確認した21人の内訳は高卒13人、大卒8人で、業種別では宿泊・飲食10人、生活関連サービス・娯楽6人など。同省は内定取り消しが増えないよう経済団体な…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文469文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 日本新薬が逃げ切る TDKは1点差に迫るもあと1本が出ず 都市対抗

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです