メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

十一屋工業と立地協定締結 県分譲の木曽岬干拓地 /三重

 県が分譲する「木曽岬干拓地工業用地」(木曽岬町新輪1)に鉄骨・橋りょう工事業「十一屋工業」(名古屋市)が進出することが決まり、立地協定締結式が18日、県庁で開かれた。

 同社は資本金1000万円で、従業員107人。本社やベトナムなどに4工場を持ち、2019年8月期の年間売上高は約23億円。

 立地計画では、同工業用地の約1万3000平方メートルを取得し、第1期として20年中に鉄骨平屋建て約2000平…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文502文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 持続化給付金の差し押さえ認めず 「事業継続支えるのが目的」 神戸地裁伊丹支部

  3. 企業の従業員向けバスを「市民の足」に 実証実験スタート 静岡・湖西

  4. 追い込まれたトランプ大統領 選挙不正訴え大演説 自身のFBに掲載

  5. ドコモ新料金プラン、20ギガバイトで月2980円 5分以内の国内通話も無料

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです