メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オートバイ 高校生ライダー・松岡玲さん 自ら資金集め夢一心 真庭から世界挑む選手に /岡山

「世界でも上位を争えるバイクレーサーになりたい」と目標を語る松岡玲さん=真庭市勝山で2020年2月28日午後7時7分、戸田紗友莉撮影

 国内最高峰のオートバイレース「全日本ロードレース選手権」に、2020年シーズンから真庭市の高校2年生、松岡玲さん(17)が参戦する。資金面で負担の大きいオートバイレースだが、インターネットのクラウドファンディング(CF)やアルバイト、スポンサー集めに奔走して自ら資金を集め、夢を一心に追いかけている。【戸田紗友莉】

 「全日本ロードレース選手権」は、四つのクラスに分かれ、4月から11月まで三重県鈴鹿市などで全7戦を行い、順位に応じて獲得できるポイントで競う。松岡さんが参戦するのは、市販のバイクに近く、個々のマシンの性能に差が少ないため最も激しい戦いが繰り広げられるという「ST600」クラス。ライダーの年齢層は高校生から50代ぐらいまでと幅広く、1レース平均44台が参加する。

この記事は有料記事です。

残り847文字(全文1187文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  5. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです