メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 一斉休校、新学期に解除 判断地域ごと 政府方針

 政府は20日、全国の小中学校や高校などで実施している一斉休校要請を、4月の新学期から解除する方針を決めた。文部科学省が来週、地域の実情に応じて再開の可否を判断するガイドラインを公表する。感染者が少ない地域の学校などは新学期から授業が再開される見通しだ。一方、自粛を要請している大規模イベントについては、引き続き主催者に慎重な対応を求める。【杉直樹、宮原健太】

 安倍晋三首相は20日、首相官邸で開いた新型コロナウイルス感染症対策本部の会合で「新学期を迎える学校の再開に向けて、具体的な方針をできる限り早急に文科省で取りまとめてほしい」と指示した。萩生田光一文科相は会合終了後、一斉休校の要請について「延長しないことを確認した」と記者団に述べた。「新学期からの学校再開に向けた考え方、留意事項をとりまとめたガイドラインを来週の早いうちに公表したい」と説明した。

 一斉休校は首相が2月27日、3月2日から春休みまで臨時休校するよう要請していた。萩生田氏は「長期の休校で子供たちの学習の遅れやストレス増大などの声も出ている」と指摘。「全国の教育関係者に国の方針をできるだけ早く知らせ、心構えを準備していただきたい」と述べ、学校再開に向けた環境整備を進める意向を示した。

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文1009文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  4. 新型コロナ「感染しやすさ、子どもも大人と同じ」米中チーム

  5. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです