メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

コロナ自粛新方針 首相「専門家の見解」強調 前回「独断」で批判

新型コロナウイルス感染症対策本部の会合で発言する安倍晋三首相(左から2人目)。左端は加藤勝信厚生労働相、右端は西村康稔経済再生担当相=首相官邸で2020年3月20日、宮間俊樹撮影

 新型コロナウイルス感染症を巡り、政府は20日、小中高校などの一斉休校要請を新学期から解除する方針を決めた。大規模イベントは主催者に慎重対応を求めた。いずれも19日の政府専門家会議の提言に沿った措置で、専門家の意見を重視する姿勢を強調した形だ。ただ、専門家会議の提言では、地域ごとの感染状況を明示していない。今後、自治体が自粛解除などの判断に迷う可能性もある。

 安倍晋三首相は20日の新型コロナウイルス感染症対策本部の会合で、今後の政府方針について「専門家会議の分析・提言を踏まえて」「専門家から見解が示されたことから」と、「専門家」を繰り返し強調した。

この記事は有料記事です。

残り2138文字(全文2415文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  2. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  5. 新型コロナ 大阪市立小で児童1人感染 臨時休校 /大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです