メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和史のかたち

「戦争要員世代」の懊悩=保阪正康

検証と教訓伝承、これからも

 令和に入り、改めて昭和を振り返ると、「昭和はすでに歴史だなあ」というつぶやきが漏れる。すでにしばらく前からではあるのだが、つくづく、世代によって昭和史の事件、事象の受け止め方が全く異なるようになってきた。もう10年以上も前のことだが、ある作家が大学生相手の講演で、ドイツ、イタリア、そしてアメリカの3カ国をあげて、「このなかで昭和に日本と戦争をしたのはどの国か」と尋ねたことがあった。大学生の半数近くは、ドイツと答えたそうだ。アメリカだと教えると意外な表情になって、「どちらが勝ったんですか」と聞いた学生もいたという。

 私も20年近く前にある単科大学で講師をしていたときに、明治、昭和、平成と元号をそらんじる学生がいて驚いた。「大正が抜けている」と指摘しても、すぐにはその意味がわからないでいるので、さらに驚いた。高校の日本史が選択科目だったので、近代史に限らず日本の歴史そのものが頭に入っていないのだ。「昭和は遠くに行ってしまったなあ」と私は独りごちた。もっとも、私も若い世代を笑うわけにはいかない。なぜなら、私も学…

この記事は有料記事です。

残り1652文字(全文2125文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 刃物で襲いかかられ警察官が発砲・命中 横浜のマンション

  5. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです