メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁 第23回花まる学習会杯ジュニア本因坊戦全国大会 対談 芝野虎丸名人/高濱正伸・花まる学習会代表

芝野虎丸名人

 中学生以下の囲碁日本一を競う花まる学習会杯第23回ジュニア本因坊戦(毎日新聞社主催、日本棋院・関西棋院後援、花まる学習会特別協賛)の地区代表32人が出そろった。21、22日に東京都内で予定されていた全国大会は、新型コロナウイルスの感染防止のため中止となったが、参加者にとって10代で初めて7大タイトルを獲得した芝野虎丸名人(20)は憧れの的。芝野名人はどのように囲碁に熱中し、上達したのか。囲碁普及を応援する花まる学習会の高濱正伸代表と語り合った。【丸山進、写真は松田嘉徳撮影】

 高濱 芝野さんは史上最年少での名人という偉業を成し遂げましたが、そもそも囲碁を始めたきっかけはゲームだったとお聞きました。

 芝野 漫画「ヒカルの碁」が好きな父が、「ヒカルの碁」のテレビゲームを買ってきて、みんなでやっていました。1日30分に制限されていましたが、面白かったです。

この記事は有料記事です。

残り2453文字(全文2833文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ? 日焼け止め、防寒着、水筒に氷入れ→校則やルールで禁止 熊本市立の小中高アンケ

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです