メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公取委、銀行送金手数料値下げ提言へ キャッシュレス決済業者の事実上排除を改善

高い送金手数料がフィンテックの拡大を阻む

 公正取引委員会は、銀行間の送金手数料が高いことが、キャッシュレス決済や送金業者の新規参入を妨げているとして、3月中にも引き下げを提言する方針を固めた。銀行間送金システムからこれらの業者を事実上排除していることに対しても、改善を求める。金融とITを融合した「フィンテック」の普及に向け、政府の未来投資会議が提言内容について議論し、6月に策定する成長戦略に盛り込む見通しだ。

 銀行など金融機関間の送金のほぼ全ては現在、「全国銀行データ通信システム(全銀システム)」を通じて行われている。近年急拡大している「ペイペイ」や「LINEペイ」などのキャッシュレス業者は、銀行に手数料を払って全銀システム経由でお金を移動してもらう形で決済や送金を行っているが、少額・多数回取引が特徴のキャッシュレス業者にとって負担は重く、引き下げを求める声が出ていた。

この記事は有料記事です。

残り813文字(全文1183文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです