メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

那覇空港に2本目の滑走路、発着は1.8倍増に 新規就航期待もコロナで逆風

那覇空港の第2滑走路=那覇市で2020年2月25日、本社機から

 沖縄の空の玄関口となる那覇空港(那覇市)で3月26日、2本目の滑走路の運用が始まる。発着可能な回数が現在の1・8倍に増え、新規路線の就航による国内外からの観光客の増加が期待されていたが、現状は新型コロナウイルスの感染拡大で便数が激減。思わぬ「逆風」の中での船出に関係者の表情は――。【遠藤孝康/那覇支局】

 3月11日に沖縄県庁で開かれた県観光推進本部の会議。県幹部がそろい「沖縄観光推進ロードマップ」の改訂案が審議された。観光振興の将来像を記したロードマップには那覇空港の滑走路増設を前提とした施策が並ぶが、出席者の表情に明るさはない。経済学者でもある富川盛武副知事は「新型コロナウイルスで、海外航空便やクルーズ船に加え、国内旅行も減り、多大な影響が出ている。ダメージをできるだけ最小限に食い止めるために…

この記事は有料記事です。

残り1147文字(全文1500文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  2. JRA栗東トレセンで厩舎3棟燃える 馬4頭取り残され、3人病院搬送 滋賀

  3. 愛知で新たに88人感染 名古屋市は50人

  4. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  5. 沖縄知事 国にコロナ水際対策強化要望 航空便搭乗前にPCR検査求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです