メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2020ヒバクシャ

朝長万左男さん 親子で白血病究明 「なぜ戦争」問い続ける被爆医師 

被爆者を診察する朝長万左男さん=長崎市の恵の丘長崎原爆ホームで2020年3月4日、徳野仁子撮影

 「被爆したのはどこやったかな」。3月上旬、長崎市三ツ山町の特別養護老人ホーム「恵の丘長崎原爆ホーム」の診療室で、医師の朝長万左男さん(76)が、入居者の女性(91)に話しかけた。原爆が投下されたあの日、女性は16歳だった。市中心部にあった公設市場の2階にいた時のすさまじい光景を、静かに、そして事細かに語り出した。

 医師となって半世紀。専門は血液内科だ。長崎で2歳の時に被爆した。当時の記憶はない。原爆による放射線が血液に及ぼす影響の解明に心血を注いできた。行き着いたのは、広島、長崎で被爆者の治療などにあたった父と同じ白血病の研究だった。

この記事は有料記事です。

残り4274文字(全文4545文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. SNS嫌がらせ投稿「利用停止を」事業者団体が緊急声明 木村花さん死去受け

  3. 新たに感染30人確認、国内計1万7336人 11人亡くなり死者は876人

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 京アニ放火事件 青葉容疑者逮捕 殺人容疑などで京都府警 動機解明が焦点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです