メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2020ヒバクシャ

朝長万左男さん 親子で白血病究明 「なぜ戦争」問い続ける被爆医師 

被爆者を診察する朝長万左男さん=長崎市の恵の丘長崎原爆ホームで2020年3月4日、徳野仁子撮影

 「被爆したのはどこやったかな」。3月上旬、長崎市三ツ山町の特別養護老人ホーム「恵の丘長崎原爆ホーム」の診療室で、医師の朝長万左男さん(76)が、入居者の女性(91)に話しかけた。原爆が投下されたあの日、女性は16歳だった。市中心部にあった公設市場の2階にいた時のすさまじい光景を、静かに、そして事細かに語り出した。

 医師となって半世紀。専門は血液内科だ。長崎で2歳の時に被爆した。当時の記憶はない。原爆による放射線が血液に及ぼす影響の解明に心血を注いできた。行き着いたのは、広島、長崎で被爆者の治療などにあたった父と同じ白血病の研究だった。

この記事は有料記事です。

残り4274文字(全文4545文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  4. 「このままでは皇室消滅」「女性皇族の議論なさ過ぎ」 専門家4氏が口にした危機感

  5. 「安倍氏が自らの言葉で説明責任果たすべき」 野田聖子・自民幹事長代行、桜前夜祭

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです