メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仙台で聖火見物5万人 感染リスクの数時間行列 組織委、再び密集なら中止検討

「復興の火」としてJR仙台駅東口に設置された聖火皿にともされた東京オリンピックの聖火を一目見ようと列をなす人たち。列は駅反対側の西口まで続いた=仙台市青葉区で2020年3月21日午後2時54分、和田大典撮影

 東京オリンピックの聖火を東日本大震災の被災3県で巡回展示する催し「復興の火」は21日、仙台市で行われ、約5時間半で約5万2000人が観覧した。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、主催する宮城県は混雑緩和に努めたが、想定(1万人)の5倍以上の人出に500メートルを超える長蛇の列ができた。感染リスクが高まる密集の中、数時間待つ状態が続いた。

 共催する東京五輪・パラリンピック組織委員会は22日以降、列の間隔を前後1メートル以上空けることを徹底し、過度な密集状態が発生した場合は中断や中止も検討することを明らかにした。

この記事は有料記事です。

残り658文字(全文918文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  2. 登下校中のマスク、文科省「暑い日はむしろ危険」 児童間距離確保に「傘」利用も

  3. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転…「第2波」への懸念強まる

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです