メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遊ナビ

音楽 /東京

朝光ゆみ

[PR]

 ■アリス・ミュージカルフェスin江戸東京博物館

 4月2、3日19時/4、5日14時、江戸東京博物館大ホール(墨田区・両国駅)。台本構成、演出=パク・バンイル。ルイス・キャロルの不朽の名作「不思議の国のアリス」を、演出家のパクがミュージカルにアレンジ。芝居とダンス、歌の共演で力強い舞台を披露する。主演の一人、朝光ゆみは東京芸大声楽科出身で、しなやかな歌声に定評がある。全席自由5000円(当日500円増し)、大学生以下3500円。070・6513・8458

プレゼント

 ■混声合唱団ケーミオコーア 第7回演奏会

 4月18日14時、第一生命ホール(中央区・勝どき駅)。指揮=神尾昇、ピアノ=川原彩子、演奏=8jo室内管弦楽団。ケーミオコーアは指揮者で声楽家の神尾が2012年に発足させたアマチュアの混声合唱団。年に1回定期演奏会を開いている。三善晃「五つの童画」やシューベルト「ミサ曲ト長調」などを合唱する。全席自由2000円、未就学児は不可▼20組40人を招待 往復はがきに郵便番号、住所、氏名、年齢を明記し、〒166―0015杉並区成田東2の25の2「混声合唱団ケーミオコーア毎日新聞係」。4月10日必着。提供元が抽選、発送。個人情報は商品発送のみに利用。発送をもって当選発表に代える。090・8491・0294

 ■小田原ジュニア弦楽合奏団第34回定期演奏会

 4月19日14時、小田原市民会館大ホール(神奈川県小田原市・小田原駅)。指揮=白井英治。1986年に発足した同合奏団は、小田原市とその周辺の小~高校生で構成され、年に1回のペースで定期演奏会を開いている。曲目は、サンサーンス「動物の謝肉祭」やモーツァルト「アイネ・クライネ・ナハトムジーク 第1楽章」など。全席自由500円。同日13時20分からロビーコンサートを開く。0463・72・1015

 ■川崎定期演奏会第75回―日英交流年記念

 スペシャル・イギリスプログラム!― 4月26日14時、ミューザ川崎シンフォニーホール(川崎市幸区・JR、京急川崎駅)。指揮=ジョナサン・ノット、バスバリトン=ニール・デイビス、合唱=東響コーラス。英国大使館などが今年9月まで展開する「日英交流年」の特別プログラムで、同楽団の音楽監督、ノットが指揮棒を振る。曲目は、ウォルトン「オラトリオ『ベルシャザールの饗宴(きょうえん)』」やエルガー「エニグマ変奏曲」など。全席指定S席10000円、A席8000円、B席5000円、C席4000円。044・520・1511

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. 「4月1日に緊急事態宣言?フェイクだ」 首相発言、ネットでうわさ交錯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです