メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

趣味彩々

サークル紹介 四季彩画サークル 季節先取り 顔彩で描く /三重

サークルのメンバーら=三重県伊賀市で2020年3月2日午前11時22分、稲垣淳撮影

 伊賀市のハイトピア伊賀(上野丸之内)にある上野公民館で「四季彩画サークル」が活動している。日本画に使われる絵の具の顔彩を使って、季節を先取りした草花などを描いている。

 サークルは6、7年前から活動しており、現在のメンバーは60~70代の女性5人。指導する竹林啓子さんは「スケッチや下絵を描かず、見本通りに描きます。アレンジは自由で、にじみやかすれも味になります」と話す。

 当初から参加する真山典子さんは「下書きなしに描くので、ちょっとした膨らみなどで絵の表情が変わります。そこが難しいし、面白いところなんです」と笑う。

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文538文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. 任命拒否、04年「想定外」 学術会議人事、政府文書に明記

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです