メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

趣味彩々

サークル紹介 四季彩画サークル 季節先取り 顔彩で描く /三重

サークルのメンバーら=三重県伊賀市で2020年3月2日午前11時22分、稲垣淳撮影

 伊賀市のハイトピア伊賀(上野丸之内)にある上野公民館で「四季彩画サークル」が活動している。日本画に使われる絵の具の顔彩を使って、季節を先取りした草花などを描いている。

 サークルは6、7年前から活動しており、現在のメンバーは60~70代の女性5人。指導する竹林啓子さんは「スケッチや下絵を描かず、見本通りに描きます。アレンジは自由で、にじみやかすれも味になります」と話す。

 当初から参加する真山典子さんは「下書きなしに描くので、ちょっとした膨らみなどで絵の表情が変わります。そこが難しいし、面白いところなんです」と笑う。

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文538文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです