メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文化審答申 法金剛院の本尊、国宝に 路面電車、初の重文に /京都

国登録有形文化財に答申された「茶又旅館」=舞鶴市本で、行方一男撮影

 国の文化審議会は19日、美術工芸品の国宝と重文の新指定、登録有形文化財(建造物)の新登録を文部科学相に答申した。府内からは、国宝に法金剛院(ほうこんごういん)(京都市右京区)の木造阿弥陀如来坐像(あみだにょらいざぞう)(平安時代)が、重文には国内初の路面電車、京都電気鉄道電車(京都市交通局二号電車)など6件が答申された。路面電車の重文指定は国内初。府内の美術工芸品の国宝は185件、重文は1715件となる。

 京都電気鉄道は1895年に琵琶湖疏水(そすい)の水力発電で作られた電気を使って開業、1918年に京都市に買収された。重文指定された車両は、61年の北野線廃止直前まで庶民の足として街を走った。引退後に改変されず、往時の姿を残していることが評価された。11年、堺市の梅鉢鉄工場で製造。全長8・23メートル、幅1・98メートル。現存する車両では最古の時期のもの。日本の路面電車の規範とされた。現在は平安神…

この記事は有料記事です。

残り838文字(全文1243文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. クックパッドニュース 一房買っても安心!覚えておくと便利な「バナナの保存法」

  3. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  4. 渡辺が初の名人位奪取 4勝2敗で豊島降す 現役最多の3冠に

  5. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです